OSTECSCADA

   
 

SCADAとは

SCADAとは
 
 Supervisory Control And Data Acquisition System   
  
管理制御装置とデータ収集システム
パソコンと、リモートI/Oを組み合わせて、データ収集を行います。
気温や風速、各ストリングの状況や、発電量など。
発電所の設定や制御を細かくスピーディに行うことができます。
 

大規模メガソーラー、再生可能エネルギー発電プラントでの問題点

大規模メガソーラー、再生可能エネルギー発電プラントでの問題点
 
社会インフラにとって非常に重要な設備
自然エネルギーエネルギー(大規模水力以外)による設備容量は3400万kW(2014年度末)まで伸び、
特に2012年度からスタートした固定価格買い取り制度(FIT)により、
太陽光発電所は2400万kWにまで成長しました。
今や日本の総世帯数5200万世帯のうちの4分の1を再生可能エネルギーでカバーできるのです。
しかし、急速に発展した太陽光発電所、特に大規模発電所(メガソーラー)は
社会インフラに大きな役割と責任を担っていますが、安定した電力供給を行うための設備や、サービスが
すべてのサイトに整っていないのが現状です。
 
高圧や特別高圧との接続による受電設備の運用管理
高圧(6.6kV系)や特高(22kV,33kV,66kV)との接続による受電設備の運用管理には様々な課題があります。
 
広大な面積を使用することによる人的管理の難解さ
故障個所の特定が困難
遠隔地に設置する為、盗難被害が増加
大規模のため、事故や被害も甚大になる
自然環境の影響を受けやすい
 

OSTECSCADAは、運用において重要な役割を果たします。

OSTECSCADAは、運用において重要な役割を果たします。
 
発電所長SCADAは、遠隔制御はもとより、
発電状況や発電量、アレイや、集電箱・PCS等の運転・故障などをモニタリング。
設備のトレンドチェックや力率調整も行うことで、
発電所の現時点での最大限のスペックを維持することができます。
また、保守点検も容易に行え、O&Mのコストも軽減することが可能となります。
データ保存は、CSV形式で行います。発電量をはじめ、トレンド情報、各センサー(日射・気温・風速)
警報履歴や、操作履歴すべてダウンロードが可能です。
発電所の異常を検知した場合は、メールアラートを発報します。
 

大規模商業施設や生産ラインのモニタリング計測・監視にも多くの実績

大規模商業施設や生産ラインのモニタリング計測・監視にも多くの実績
 
SCADAは世界で50,000を超える納入実績。
太陽光発電所だけではなく、各種プラントや大型商業施設、工場などの
生産ラインのモニタリングや監視にも数多くの実績があります。
「発電所長SCADA」は世界的に信頼性の高い、SCADAをベースに構築されたシステムです。
 

リーズナブルな構成

リーズナブルな構成
 
SCADAパッケージと、汎用機器利用による製作コスト・工期を短縮
SCADA計測点数、監視項目1点の単価を抑えます。
センサーなどの利用も行い、サイト内盗難監視も行うことが可能です。
レスポンスを早く、リーズナブルにご提供いたします。
 

OSTECSCADA画面

OSTECSCADA画面
 
 ファーム図 ground
 
 ファーム図詳細画面 ground detail
 
概要画面 Over view
 
受変電設備 Substation
 
トレンド画面 Trends
 
 ストリング画面 Strings
 
 性能表示画面(PR) Performance
 
警報履歴 Alarm events
 
 Comp.Inv
 
 PCS操作画面 Inv.setting
 

日本語・英語のバージョンをご用意。

日本語・英語のバージョンをご用意。
 
クラウド・現地サ―バのどちらでも対応が可能。
日本語と英語のバージョンをご用意。利用されたい言語をお選びいただけます。
データの保存は、現地サーバ・クラウドのどちらでも対応が可能です。
   
<<有限会社岡村産業>> 〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町10-6村上駅南ビル7F TEL:054-269-6981 FAX:054-269-6982